忙しい現代人におすすめの疲労回復サプリメント|元気に過ごせる体へ

男の人
  1. ホーム
  2. 手に浮き出る血管

手に浮き出る血管

女性

年齢を感じさせる部分

ハンドペインという症状があります。手の甲や腕の部分の血管が目立つほど浮き出てしまう症状のことです。特に病気というほどの症状ではないのですが、一般的に血管の浮き出た手は年齢を感じさせると言われています。加齢によって皮膚組織が薄くなってしまい、その結果年配の方の手は血管が浮き出るように見えてしまうというのが原因の一つですが、老化で血管自体が太くなってしまい、目立つようになることもあります。遺伝、生活環境、老化など要因もいくつか考えられます。腕は長袖でも隠せますが、手の甲はずっと手袋をするというのも不自然です。加齢が原因ということは、何も対策ができないのでは、と心配になりますが、ハンドペインにはすでに効果的な治療法が見つかっています。

治療法の選択肢は

ハンドペインの代表的な治療法としては硬化療法、体外照射によるレーザー治療、血管内レーザー治療があげられます。目立っている血管の色や太さによってメリット・デメリットがあります。まず硬化療法は治療が短い時間で終わりますが、比較的太い血管には不向きです。体外照射によるレーザー治療は処置後の包帯が必要ないため、すぐに一般生活に戻ることができます。しかし赤や紫といった毛細血管拡張にしか対応できないため、肌色のハンドペイン治療には利用することができません。血管内レーザー治療は施術をする医師に高い技術が必要とされること、施術後に腫れが出るため1週間ほど包帯を巻くといったデメリットはありますが、ほとんど全てのハンドペインを確実に治療することが可能です。